ドローン飛ばしてみました。

こんにちは。

久々にドローンで写真測量をしてみました。


DJI INSPIRE2です。

久しぶりで操作方法思い出すのに苦戦。


けっこうな音を立てて飛びます。


ドローン飛ばせば測量終わり、って言われることがありますが、

実際はトータルステーションなどによる補測が必要です。

(最近はレーザスキャナ搭載のドローンも普及してきてはいますが、

やはりこれも補測が必要になります。)

なぜかというと…やはり草木があると難しいんですね。



これは写真測量の点群データなのですが、朱線のとおり断面を

切ってみると草のある所や影は地表面が全く判らない。

草の上に断面線があります。


別の場所で、当社所有の地上レーザスキャナで取ったデータ。

そこそこ地形にあってます。もう少し点を選べば

もっと近くなります。

レーザスキャナはラストパルス(草木の隙間を通った

レーザ光のこと)を拾ってくるので、

何とかなるときもありますが、やはり厳しい。

まぁ、先に伐採しておけばいいんですけどね。

しかし、今の季節に伐採は、

空調服着ていても身の危険を感じます…


あと、余談ですが、写真測量は港のような

フラットな場所に弱いです。

障害物がなく写真測量に理想のように思われますが、

高さが全然合わないことがありました。

変化が少ない土地が、写真測量は意外と苦手のようです。


もっと良いものを提供できるよう、

トライアンドエラーを繰り返しつつ、

こうした新技術へ積極的にチャレンジしていきます。