最近の投稿

川平小学校で測量イベントを行いました

川平小学校で測量イベントを行いました。

令和2年1月23日、30日の2日間にかけて長崎市の川平小学校でイベントをさせていただきました。

現在生徒数は26名、残念なことに本年で閉校となってしまうということもあり、思い出作りの一環になれば、との思いで行いました。

23日は測量の歴史講座(ちょっとだけ)と、上級生には測量器械を使用して歩測での距離測定を、下級生には3平方の定理を使って大きなあみだくじを体育館に作成しました。

上級生の1位の子は2回の計測差合計が26センチと、なかなかの好記録でした。

下級生はいわゆる3:4:5の定理で直角を体育館にテープで作ってもらい、横棒はみんなに自由に入れてもらい、当たりくじの人を決めました。

あみだくじって不思議ですね。下に降りるというルールを守れば絶対にダブらない。

帰納法や背理法で証明できるそうですが…。興味のある方はどうぞ。

 30日は子供受け抜群、ドローンの操縦体験を行いました。

サプライヤーさんのお力添えをいただき、3基を体育館内で操作してもらいました。

子供たちは操作を覚えるのが早くて驚きました。後半は上級生にいたってはドローンで写真を撮って遊ぶ余裕っぷり。私はまだ飛ばすのが精いっぱいなので、ちょっと羨ましかったです。若さは正義ですね。

母校が無くなるのは少子化の流れとは言え寂しいものがあります。

子供たちが将来エンジニアの仕事に少しでも理解と興味をもってもらえて、この業界を担う人になってくれれば、と思ったところでした。(少々図々しいですが…)

最後に、ご尽力いただきましたサプライヤーさん、そしてイベントを快く開催させていただいた校長先生はじめ学校関係者の皆様及び私たちを受け入れてくれた子供たちに感謝いたします。ありがとうございました。皆様の今後のご多幸をお祈りいたします。

以上 イベントの報告でした。